隠れ婚活していました・・その結果・・

隠れ婚活していました・・その結果・・

景気が良くなりますように

婚活といったら、婚活パーティー婚活サイト、そのようなイメージがありますよね。

 

しかしパーティーやサイトだと、いかにも婚活している女、というレッテルを貼られます。なので、私は男友達の友達と交流を広げる、という方法で婚活していました。

 

男友達からの誘いには断らず、男友達に友達を連れてきてもらい、交流を広げるのです。自分も女友達を連れて行くという理由を付ければ、男友達も自然と友達を連れてきます。

 

年齢は30歳以上の男性です。若い男性だと、女性と遊びたくて単純に交流してくるという可能性が高いです。しかし、結婚適齢期であろう30歳以上の男性の場合は、交際に発展した後結婚に結びつきやすいのでベストです。

 

とにかく、男友達の友達とより多く知り合いになる。そうすることで、交際に発展する可能性が高くなります。

 

昔からの男友達とは今さら恋愛に発展しない、そう思っていても男友達の友達であれば新鮮な気持ちになれるし、交際がダメになった時でもリスクがひくいですよね。そういった理由もあって、私は男友達からの飲みの誘いがあれば可能な限り参加して、たくさんの男性と知り合うことが出来ました。
景気が良くなりますように

 

なかには全くタイプでない男性がいて、でも友達としてはとてもいい人、そんな方もいました。そんな場合でも、希望はあります。恋愛は期待しないけどその男性と友達として仲良くします。そうすると、その男性の男友達と知り合いになれる機会も増えていくのです。

 

よって、どんどん男友達の友達との交流が広がっていくのです。

 

逆にすごく気が合わない男友達の友達がいた場合でも、一日無駄な時間を過ごしたと思って、次の出会いがあるからと思えて切り替えやすいです。もしもこれが、恋人が欲しいからと男友達に言って紹介してもらう流れだと、後味が悪くなります。なので、あくまでも男友達に友達を連れてきてもらったというスタイルは変えません。

 

ただし例え失礼なことを言われたり、嫌な対応をされても、男友達のことを思って悪い態度を取るのは、避けた方が良いですね。男友達との関係が悪化すると、男性と出会える機会も減ってしまうからです。

 

私の婚活は、色々な方と交流して自分を社交的に見せておきながら、実は男友達の友達を狙いにいっているという極めて裏表のある作戦で行っていました。

 

景気が良くなりますように

 

でも、婚活パーティーや婚活サイトを利用するよりも、男友達という少なからず信頼関係のある中での出会いなので、安心して男性と接することが出来ました。男友達の誘いには断らない、より積極的にお誘いに乗るという事を心がけていれば、自然体で婚活ができます。自分自身も、ダメなら友達になろうという気持ちで男友達と関われたので、婚活パーティーやサイトと違ってそこまで緊張することもありませんでした。

 

男友達があまりいない人は、女友達の男友達と仲良くさせてもらってから、交流を広げていっても良いと思います。

 

このように、私の婚活は自然体で密かに行うことが作戦でした。この作戦のおかげで、私は去年男友達の友達と交際に発展して、結婚に至りました。

 

本当に困った時には結婚相談所という方法も考えていたのですが、それには至りませんでした。
一応念のために先に結婚相談所の特集サイトで勉強していたのですが・・

 

まぁ結果的には使わずに済んで良かったですが。
やはり結婚相談所は初期費用が他とは圧倒的に違うので。

 

ともかく、婚活はやっておいて損はないです。