わんこは大正琴が好きなんですね

わんこは大正琴が好きなんですね

そういえば、わんこって大正琴の音色が好きですね。

 

エレキを弾いてみると、まる犬は吠えまくり、こたちゃんはどこかへ消えていきます。
クラシックギターは寝ているように見えます。終わった後、うるさいというようにわんと吠えます。
下手という意味でしょうかね。

 

大正琴で、わらべ歌を弾くと、大体まる犬は笑顔で来て、聞いていたり、くるくる踊っていたりします。
一回も吠えません。
その内、こたちゃんも来て、にこにこしています。

 

大正琴って、早弾きメタル奏者だとかには興味がないように思えて、結構需要のある楽器なのですよ。
誰でも弾けて、楽譜が読めなくても簡単にできて、優しいメロディとそれに会った唱歌というものですね。

 

何かの音楽療法で、大正琴という事がやっていましたが、僕も大正琴で心が疲れている時に、優しい曲を聞いたら涙が止まらなくなるかもしれません。
優しい音楽って僕は確かに聞いていません。
大体、ハードコアだとか、パンクっぽい音楽が好きです。

 

これって普段の自分をもっと頑張れって意味で流しているのですね。
もっと強くなれってマンガの吹き出しではないですが、そういう意味で激励しているのです。
優しい曲には親の愛情のある思い出がありますからね。