にんにく卵黄とはどんな成分なのか?

にんにく卵黄とはどんな成分なのか?

にんにく卵黄は、私たちが普段の食事の中で食べている健康にいいにんにくと卵の成分がギュッと凝縮された商品です。

 

卵黄は、卵の黄色い部分のことです。食べるときや調理のときに生卵を割るとわかりますが、卵には黄身と白身が存在しています。白身と比較して黄身はふっくらして色がついているため、よく目立ちます。

 

そのため、卵と言えば黄色のイメージがあるかもしれません。この2つの栄養価は同じ卵なのに全く異なります。

 

1個のカロリーと脂質で比較したとき、白身は脂質がゼロで20キロカロリー程なのに対し、黄身は脂質が5g程含まれている分、60キロカロリー程と高カロリーです。

 

これを聞くと、白身のほうがいいと思うかもしれないですが、黄身のほうが栄養満点なのです。

 

ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンDがとてもバランスよく含まれているため、健康にいいと評判です。

 

一方のにんにくは、医学的に見るとがん予防にいいとされています。それはにんにくに含まれる成分ジアリルトリスルフィドのパワーが関係しています。ガン細胞の増殖を抑える効果があり、それは他の食品よりも強力です。
にんにく卵黄はこのようにバランスの良い卵黄とガン予防に効果を発揮するにんにくの2つをいいとこ取りした優秀な商品です。

 

更に詳しく知りたいという方は、こちらのにんにく卵黄のサイトが詳しく解説していますので、ぜひ御覧ください。